熟睡している姉のカラダに悪戯

×

動画の続きを見る

熟睡している姉のカラダに悪戯

童貞の僕は女の子とエロいことがしたくて悶々とする毎日を送っていた。どうにかしてオッパイを吸ったりマンコをペロペロしたりできないものか…欲求不満のピークに達した僕は、姉の部屋のドアをそ~っと開け暗闇の中で姉のカラダに指を這わせる。オンナって、なんてスベスベしてて柔らかいんだ…!起きないように細心の注意を払いつつ、さらに行為をエスカレートさせていく。「ちょっとだけ、あとちょっとだけ」、そう自分に言い聞かせながら、気づけば僕は姉のパンティーに手をかけていた。

動画の続きを見る